<< オシャレの予算 | main | 専業主婦への憧憬 >>

スポンサーサイト

  • 2016.10.23 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ファッションセンスの磨き方

口紅


PUYOKOはファッションのプロでもなければ
特にファッションを勉強したこともございませんわ。

それなのに、しゃあしゃあとファッションブログと
称してこんなブログを書き、ファッションカテゴリーへの
ランキングに参加なんて厚顔無恥なことをやってるわけよ。



 
 本物のファッショニスタがご覧になったら
 お前に言われたくないのオンパレードだと思うけど
 今日は大人のファッションセンスについての
 PUYOKO的考察を書くわ。




1:年相応を意識する

大人の女性のファッションで最も痛いのは
ファッションセンスの化石化若作り


自分が全盛期だったころのスタイルへの固執。

1歳でも数ヶ月でも若く見せようとする執着。



これが、大人の女の魅力を容赦なく削り取る
大型ブルドーザー並みの脅威だっていうことに
早く気づいていただきたいわね。


このブログで何度も申し上げているけれど、

「若く見せたい!」リボンと思った瞬間に

オバサン汁がダダ漏れしちゃうのよ。


この汁に侵されちゃうと、
大人の知性も品性も豊かさも色気も
なにもかもドロドロに溶けてしまうのよ。唖然



若い=魅力的という既成概念が根強い
日本ではなかなか勇気がいることかもしれないけれど、
ご自分の年齢相応のオシャレをする
ということを強く意識なさって。



40歳なら40歳、50歳なら50歳なりに素敵に
見えるということを意識するのよ。

別に老け込めって言ってるわけじゃないのよ。
あくまでも今の年齢で最も素敵な自分ぴかぴかをイメージするの。



そうすると、あら不思議。祝


無理なく気持ちに余裕がでるせいか、
あるいは過去の自分や若い女への対抗心や
コンプレックスが消えるせいか、
堂々とした自信が生まれ、結果的に
イキイキと若々しく魅力的に見えるものなのよ。上向き

そうすると服選びも着こなしも歩き方まで
変わってくるはずよ。グッド




2:体型を隠さない

モデルじゃあるまいし、中年女性なら
だれしも体型に難ありだわよね?
(決めつけるな?)

ここにもオバサン汁が噴出す危険が潜んでいるのよ。


PUYOKOブログでは、くどいくらい
チュニックを着るな!と言っているけれど、

チュニックというのはあのふわりとした布地の中で
身体が泳いでいるようなスリムな方以外は
絶対にお召しにならないほうがいいわ。禁止


あれで体型を隠しているおつもりかもしれないけれど

「は〜い!腹出てます!ケツ垂れてます!
 背中の肉がはみ出してま〜す!」


という、プラカードをぶら下げて歩いているようなもの。

さらに言えば

「もう、ラクならなんでもいいのよ。
 どうせ私なんか・・・。」


という、混ぜるな!危険!なオバサン汁まで
ブレンドされてるわ。



「隠そう」ではなく「活かそう」という方向に
考え方をシフトなさってみてはどうかしら?



ハワイでお会いした日系の女性は、
極めて親近感の持てる小柄なドスコイ体型だったの。

でも、デコルテが大きく開いたレーシーなコットンの
ニットワンピースをお召しになっていて、
とってもエレガントだったわ。キスマーク

太いウエストだったけれど、キチンとベルトを
なさってたから、大きなお尻とのメリハリが
とても女らしくセクシーだったわよ。


それから、ミラノでお会いした某ブランドの社員も
欧米人とは思えないドラエモン体型だったけれど

パリっとした生地のシャツをボタンを3つ開けて着て、
サイズのピッタリ合ったマニッシュなパンツに
華奢なハイヒール姿がすごくカッコよかったのを
覚えているわ。拍手


もちろん、健康のためにも適正体重や締った
バディをキープする努力は怠るべきではないけれど、
もはや、太ってるとか、背が低いとか
そんなことはオシャレの支障や言い訳にはならなくってよ。


それよりオバサン汁のほうがよっぽど問題だわ。



3:様々な場面でヒントを見出す

ファッションセンスを磨こうとしてファッション雑誌ばかり
読み漁ってもしょーもないと思うわ。

もちろん、情報をたくさん得ることはとても大切でしょうけれど
以前も記事にもしたためたように
センスとは感覚、認識力、判断力がよく
思慮分別がしっかりあるということで、
一種の教養だと思うのよ。


だから、例えば配色のヒントを自然界の花とか
熱帯魚とか蝶とかから見出してみたり
アートやインテリアなんかの写真集などで
インスパイアされるのもいいんじゃないかしら?


PUYOKOはいつだったか飛行機の窓から
ロシアあたりの氷の大地を見たときに
ブルーグレーと白の配色の美しさにすっかり魅せられ
速攻で冷たい氷のようなブルーグレーの
シフォンスカーフを買ったことがあったわ。



もちろん、映画もファッションのヒントの宝庫。


何の映画かも覚えていないけれど、
ダイアンレインがキャリアスーツを脱ぎ捨て
白シャツを脱いだら、その下に真っ赤な
アンダーウエアをつけてたのに触発されて
赤いブラを買いに走ったのも今は昔。。。

それから小説もいいわよ。
そこに画像がないから、文章の描写だけで
そのスタイルをイメージするの。

イマジネーションが広がるわ。ぴかぴか



ま、とにかくよ。

オバサン汁が漏れないように注意して
あらゆる美しいものにアンテナを張り巡らせる
っていうのが、成熟〜いい感じに枯れていく
大人のファッションセンスの極意じゃないかと



今のところは思っているわ。




さあ、やっと週末ね。
ポチっと応援クリックをしていただけると
嬉しいわ!


ファッションブログ ミセス系

人気ブログランキングへ

TwitterボタンTwitterブログパーツ

スポンサーサイト

  • 2016.10.23 Sunday
  • -
  • 18:34
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
しるだだもれ。うわぁ〜〜、グッときます♪
ベルトの上に肉がぽにょぽにょ乗っかっても、
グイ!っとウエストマークした方が締まって見えました!
しかしラクではないです!でも、締めます!
  • 2010/05/21 6:49 PM
PUYOKOさん、こんばんは。

年相応の・・・というのは大切ですよね。服装も、あと話し方とか、所作とか、そういうのもそうかな?などと思います。

ファッションセンスは、私はPUYOKOさんのコーディネートもとっても参考にしています^^
北海道だと季節物もこのブログで紹介された少しあとにやってくるので、本当にとっても役立たせていただいていますの!
こんにちは、PUYOKOさん。

わたしも自分の体型の欠点のカバーよりも、体型の良いところをアピールするように心がけてます。その方がファッション楽しくなりますからね。
それと、「若さへの執着」がかえっておばん臭くするというのは、常々思ってます。「オバサン汁」って、おもしろい表現(^-^)

チュニックと言えば、高速道路のSAエリアで休憩していて見かける、観光バスからどさーっと出てくるオバサンの群れ、すごくチュニック率高いです。見事なまでに「わたしはウエストありません」って格好しているのです。もはやチュニックはオバサンアイテムですね。
ぎゃ、また一番乗りで名無しってしまいました。すみません。
こんどは化石化の実例とその対策を教えていただけると、自然光で撮ったすっぴん写真並みの戒めになります!
  • ていこ
  • 2010/05/22 9:44 AM
お早うございます。
朝から大爆笑させていただきました。(おばさん汁に!)そして反省。笑
手足(二の腕、太腿は除く)は細いのに体幹がやばくてついついお助けチュニックをキープしてます。太って見えるのでなるべく着たくないのですが座敷で宴会!等ではついつい。。。チュニック、と、贅肉、捨てます。
  • J
  • 2010/05/22 10:15 AM
こんにちは。
年相応っていうのは一番難しいです。
年齢は上がっていくけれど、趣味はなかなか変わらなかったりします。
他人の服なら冷静な意見が言えるのに、自分のことになると難しいです。

mixiのファッションコミュで30代のコーデというトピックがあり
一般の人が自分の格好を載せているんですけど、とても30代に見えないんですよね。
それで写真に添えてあるコメントも幼稚だったり。

ファッションとは教養・・・肝に銘じておきます。
  • ハコ
  • 2010/05/22 11:12 AM
PUYOKO様

こんにちは。
奇しくも、っていうか、しょっちゅう(?)
なんだけど、特に昨日は、自分でもこれは「イタイ」と思う恰好をして、着画まで撮って、あらら・・・どうしましょう(苦笑)

全く以って、知性が無いのもいいとこです。
おバカでごめんなさい(笑)

教訓にしたい・・・けど、まだあがきもしているワタクシにも愛の鞭を〜♪

それでは、また〜、ごきげんよう〜  蘭子
確かに・・・年齢を重ねると着るものは限られてしまいますよね。年相応は難しいです。
やっぱり、着心地が重視なんで・・・若い時からぴったりのファッションは苦手でした。悲しきかな上着は9号・スカートは11号とか体型にも問題ありなんで。おまけに肩幅が広くって・・・うんざりボディを引きずっております。
  • のん
  • 2010/05/22 12:43 PM
30代のキュートな顔の友達が、小花柄のスモック型チュニックを着ているのを真似してみたら、あまりの似合わなさに、ショック通りこして大笑いした頃、PUYOKOさんのブログと出会い、目から鱗が落ちました(T_T)
お尻が大きいとかむちむちしてるとか、そこは見せても隠しても、他人ってあまり見てない気がします。体型よりも、姿勢良く足をまっすぐに綺麗に歩いている女性が美しいな、と感じます。
  • natsu
  • 2010/05/22 2:31 PM
「オバサン汁」のひとことで「ああ、アノ雰囲気ネ」と皆がわかるということが凄い^^;

確かにファッションは知性も表しますよね。
若い子と同じファッションしたら負けるに決まってることわからんか?と。
それでも同じ土俵に立ちたがるのがオンナの可愛いところでもあるかも?だけど。

体型を隠さないためにはそれ相応のスタイルを保つことも必要かな?と思いつつ、そういう努力がダルくなっちゃうのもオバサン汁のなせるところなのでしょうね><
いつも、PUYOKOさん、賛成派の私もこれは
ダメなの。チュニック大好き人間。別に体型を隠すつもりは無いけど、洋服が好きなのよ
雑貨屋さんの店員さんみたいなの・・・
許して
  • ねここ
  • 2010/05/22 4:27 PM
こんばんは〜
記事と直接関係ないんですが、ファッションつながりネタで。
以前スカーフだかの記事話題になさってた「中尾巻き」の謎が解けました!
あれは「縄綯い」の応用みたいです。
詳細はウチの最新記事「手仕事にっぽん! なう」をご一読いただければ…。

※もしかして「中尾巻き」の謎をとかれてらしたら、すいません。
なおかつ、「中尾巻き」は、オヤジ汁がだだ漏れる可能性も高いのですが(笑)
年齢相応ってどうゆうのかしらね
もちろんギャル(死語?)のような格好はしませんが・・
でもスーパーのおばさまブティックで売ってるようなのは好きではないしー
私基本的に好きなものは、自分に似合うものだと思うのです。
年齢じゃなくその方に似合ってればミニだろうがミリタリーだろうがいいと思うのですが
  • kireidokoro
  • 2010/05/24 11:10 AM
4月から勤務先が変わり、電車を乗り継ぐこと1時間。
恋(まっ?!)をしたこともあり、せっせとおしゃれして通勤に励んでいます。
...が、20年近くもおしゃれに無縁の生活を送っていたツケは取り戻せん...TT
しかも最近急速に進んできた体系&容姿のおばさん化...
今まで以上にPUYOKO様のコーデを参考にしています。
美容とファッション情報はいまのところPUYOKO様のブログのみ。
残っている武器は知性と教養だけだわ。
頑張ります!
  • rabi
  • 2010/05/24 1:13 PM
いつもながらPuyokoさんの文章、お洋服以上に素敵です。

今回のテーマも概ね同感ですが大切なのは「年相応」というより、その人のスタイル=生き方を貫くということではないでしょうか?

確かにある程度の年齢以上になったらエレガントでシックなスタイルの方が素敵に見えますが、年齢に関係なくその人が好きならロッカーやヒッピーでもいいのではないかと思います。もちろん宗教的な衣装も含めて。(海外に住んでいるせいかも知れません)

個人的には40過ぎの女性が高校生の娘と同じ服を着るのはイタイと思うものの、
本当にそれが好きならいいんじゃない?ダサい(死語?)のも個性のうちではないでしょうか?

「オシャレの予算」も速攻自分の予算に置換えて、楽しく読ませていただきました。

私は自分の職業(TPO)、収入(予算)、住まい、趣味などライフスタイルとのバランスや一貫性を考慮して、当たり前ですが服装だけでなく食事や旅行なども分相応な
暮らしをすることを心がけてます。必要以上にケチケチせず、時々は贅沢も楽しんで。

その情報収集としてPuyokoさんのブログはもう欠かせません!痛快PUYOKO節楽しみにしてまーす!

ああ、長くなってすみません。でも私もチュニックは私も大嫌いです!肩幅広くて超似合わないだけではなく!(爆)
  • Ness
  • 2010/05/24 8:39 PM
ていこさん

多少ラクではないくらいの緊張感がどこかにないと
服と寝巻きの区別がつかないってもんよ(笑)

以前見たイギリスのファッション改造番組で
どんなに太ってるご婦人でも自分にフィットした
サイズの服をメリハリのあるコーデで着ると
ダボダボの服で隠していたときより、はるかに
スマートでオシャレに見えたもの。
  • PUYOKO
  • 2010/05/25 10:02 AM
yumikoさん

さすがyumikoさん、いいことをおっしゃるわ。
いくらファッションが素敵に決まっていても
言動が子供っぽかったら興ざめよね。

楽しみにしてくださるyumikoさんのためにも
コーデ記事をもっとアップしないとだわ(汗)
  • PUYOKO
  • 2010/05/25 10:04 AM
イシコロさん

若さへの執着=若い方が美しい!っていう
悪しき思い込みだと思うのよね。
自分の今までの人生やそれが現れている外見を
否定するところから素敵な着こなしなんて
生まれるわけがないわ。

大人の女たるもの、もっと堂々とせんかい!って感じよね(笑)
  • PUYOKO
  • 2010/05/25 10:07 AM
Jさん

なにもチュニックというアイテムが悪者ではなくってよ。
ただ、チュニックを選ぶ理由がオバサン汁の
元になってないか?って思うのよ。
お座敷のときにはギャザーやプリーツなどの
広がるタイプのスカートがオススメよ。
お行儀悪く足を崩してもバレないし、適度に
エレガントだし。
  • PUYOKO
  • 2010/05/25 10:10 AM
ハコさん

年齢は上がっていくのに趣味は変わらないって
若干危険な匂いがするわね(笑)
その趣味がどんな趣味かによるけれど。

やっぱり自身の経年変化や世の中のトレンドなど
を敏感に感じ取っていく力が衰えていくと
化石化まっしぐらなんじゃないかしら?

好みのコアの部分を変える必要はまったくないけれど
フレキシブルにその時点でのベストを目指したいものよね。
  • PUYOKO
  • 2010/05/25 10:13 AM
蘭子さん

あ・・・拝見したわ。
蘭子さんのようにスタイルのいい方でも
さすがにあのチュチュスカートはキツいかも(笑)

でも、ご自宅内だけで楽しむ分にはいいんじゃないかしら?

蘭子さんのやさしげな雰囲気だったら
フェミニンでエレガントなものが
とってもお似合いになると思うわ。
  • PUYOKO
  • 2010/05/25 11:25 AM
のんさん

何をおっしゃる???
年をとったほうが着るものの選択肢が広がってよ。

PUYOKOもトップスとボトムスの
サイズが微妙に違うわよ。下半身デブだから
ウエストがゆるいのにヒップがきついとか、
ウエストとヒップはいいのに太ももがパンパンとか。。。

それでも、探せば合うサイズはあるし
お直しって手もあるから、ラクだけに
走っちゃダメだわよ♪
  • PUYOKO
  • 2010/05/25 11:29 AM
natsuさん

そうなのよね。人間って鏡の前で自分を
チェックしているときのように正面向いて
止まってるわけじゃないから、動いたときの
美しさって服や体型以上に大切だと思うわ。

姿勢よくキビキビしてるオバサンのほうが
ダラダラと膝を曲げて歩いているギャルより
よっぽど素敵だわ。
  • PUYOKO
  • 2010/05/25 11:31 AM
ヨウコさん

そうそう、オバサン汁ってなんとなくわかるでしょう?

若い娘と同じ土俵で勝負したがる中年女なんて
可愛くもなんともなくってよ。(笑)

体型はもちろんいいに越したことないけれど
太ってようが、バランスが悪かろうが
もっと堂々と自信をもって服を着こなすべきだと
思うのよ。隠そう、隠そうじゃ朽ち果てて
くだけだと思うわ。
  • PUYOKO
  • 2010/05/25 11:36 AM
ねここさん

チュニックをね、ファッションとして好きで
お召しになる分には何の文句もなくってよ。
今年はエスニックも流行るようだし。

面倒くさいからとりあえずチュニックで
お茶を濁そうっていう諦めや、だらしのない根性が
オバサン汁の元だと思うわ。
  • PUYOKO
  • 2010/05/25 11:38 AM
ne_sanさん

おもしろかったわぁ〜。わらじ作りの記事。
なるほど、中尾巻きの原点はそこだわね(笑)

夏にスリッパ代わりにわらじをはいていたら
気持ちいいかもしれないわね。
  • PUYOKO
  • 2010/05/25 12:43 PM
kireidokoroさん

大丈夫よ、ギャルはまだまだ死語じゃなくってよ。
。。。。。たぶん?

年相応というのは、なにもオバサンがオバサン向けの
服を着るという意味ではなくて、服を選ぶときに
「若く見えることを基準にするのではなく、
堂々と自分の年に見えて何が悪い!」という
プライドと気概をもつということだと思うの。

結果、若く見えたり年上に見えたりしても
その人が魅力的に見えればいいのよ。


  • PUYOKO
  • 2010/05/25 12:47 PM
rabiさん

恋!恋ですって!!んま、素敵♪
春だわね。

恋と通勤はオシャレのモチベーションに
なるわね、確かに。
これからもできるだけコーデ記事をアップできるよう
頑張るわ。楽しみにしてくださってありがとう。
  • PUYOKO
  • 2010/05/25 12:49 PM
Nessさん

「年相応」というより、その人のスタイル=生き方を貫くということというNessさんの
考え方には賛同するわ。
やはりその人らしさや生き方のスタイルっていうのは
あってしかるべきだものね。

PUYOKOが言いたかったのは、そういう
自分のアイデンティティまで否定する勢いで
ひたすら若さを追求する大人って、ばかげてるし
カッコ悪いなってことなのよ。

お金の使い方も、節約と散在のバランスは
人それぞれよね。
  • PUYOKO
  • 2010/05/25 12:54 PM
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
このブログについて
リンクフリーよ。
でも、よろしかったら ご一報いただけると嬉しいわ。
コメント大歓迎。 ただし、明らかな宣伝PRや エロいもの、悪意のあるものは 見つけ次第削除するわ。
悪しからず。
お買い物はこちらから
QLOOKアクセス解析
よろしかったら他の記事もご覧になってね。
クリックで救える命がある!
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM