<< 自分を律する力 | main | 私的おいしいもの情報 >>

スポンサーサイト

  • 2016.10.23 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


都会のご近所

家


5年前の津波や今なお続く原発問題も
辛すぎる災害だったけれど、今回の
熊本・大分の地震は今までとは
ちょっとタイプの違う災害だわね。


震度7に2度も襲われ、
余震というには大きすぎる震度6
も頻発。復興の目処どころか
避難所生活がいつまで続くのかも
わからない現状。


被災地を支援するにはいろんな方法が
あるでしょうけど、PUYOKOは
東日本の時と同様に義援金を
送ろうと思っているわ。


でも、どこに義援金を託そうか
まだ思案中なの。


被害の大きかった自治体に直接寄付
できるふるさと納税を利用すれば、
実質2000円の自腹負担で
万単位の寄付ができるし、

ペット支援とか子供支援とか
医療支援とか目的別に寄付する方法も
たくさんあるみたいだし、

熊本の特産物や農作物をたくさん買う
というのも有効な支援のひとつよね。


いずれにせよ、よく考えて
最善だと思う支援をしていきたいと
思っているわ。



明日は我が身で考えてみると、
こういう災害時ってご近所同士の
助け合いってとっても大切よね。


PUYOKOの住む都会の住宅地は
向こう三軒両隣でさえお付き合いは
希薄だわ。


町内会名簿で世帯主のフルネームは
知っているものの、それ以外は
お名前さえ知らないし、職業も
年齢もなんにも知らないわ。

道で会えばご挨拶もするし、
ごく近くのお家には親戚から
送られてくる大量の果物なんかを
おすそ分けすることもあってよ。

ま、年1回あるかないかだけど。



そんなご近所で
ここ半年くらいの間に救急車騒ぎが
2回あったの。

1人は70代くらいのの母と暮らす
40代くらいの息子さんが
室内で転んで気絶。

もう一人は4人家族の娘さん、
たぶん30代が食べ物を喉に
詰まらせて気絶。


どちらも大事には至らなくて
本当によかったんだけど、
驚くべきは患者さんのお顔を
その時初めて見たということ。


数件先の奥様いわく

「息子さんがいらしたなんて
 知らなかったわ」


へ?


PUYOKOはまだここに越してきて
10年ちょっとだけど、元から
住んでいる方々は年季の入った家
を見る限り20年以上おつきあいが
あるはず。


ちなみにPUYOKOは娘さんの方も
存在さえ知らなかったわ。


後日、お父様に道でお会いしたとき
「この間はお騒がせしてすいませんでした」
と、娘さんの持病や奥様の体調など、
なかなかヘビーな家庭の事情を
説明してくださったの。


その時、PUYOKOとダーリンは
思わずこう言ったわ。


「何か困ったことがあったら
 遠慮なく言ってください。
 できることなら力になります」


実際、どんな手助けができるのか
わからないけれど、高齢のお父様の
疲れた様子を見て本心でそう思ったのよ。


で、本年度、住所ごとに割り振られた
町内会費の集金という当番を仰せつかり
ダーリンと手分けして十数件のお宅に
伺ったの。


いや、もう、いろんな人がいるわね。


まず、在宅中なのに玄関ベルを押しても
出てこないお宅が意外と多いの。
しつこくベルを鳴らすのもどうかと
思いながら、3回ほど押してみると
ようやく返答があるというパターン。


だいたいお年寄りの世帯。
あとは風邪で寝込んでたと言う若い
奥さん。


それから、二千円程度の町内会費に
領収証をよこせというお年寄りが
結構いるのよ。

さらに「払わん!」というババアも。


PUYOKOやダーリンの顔を
知らない方もいるので
新手の詐欺だと思って警戒して
いるのかもしれないわね。


さすがに両隣と向こう2軒は
顔見知りなので「集金ご苦労様です」
と優しく声をかけてくださったり
にこやかに釣り銭がでないよう
気遣ってくださったりして
ありがたかったわ。



つまり、顔を知ってるかどうか?が
とても重要だと思い知った次第だわよ。


今の状態でなにか災害が起こったら
この町内会ではとてもじゃないけど
助け合いなんてできないんじゃないかと
不安になったわ。


古い住宅街なのでお年寄りが多く
PUYOKO世帯が数軒と若いご夫婦が
1軒、あとはぜーんぶ70代、80代の
お年寄り世帯。



田舎にありがちな濃密な近所づきあいは
面倒だし、特に親しくするつもりも
ないけれど、最低限名前と顔くらいは
見知っておくべきなんじゃないかと
しみじみ思ったわ。

マンションや団地のような集合住宅の方が
半強制的に理事会とか住民組合とか
あっていいのかもね。


なにかあったときは、物理的に
近い距離にいる人間関係って
とても大切ですものね。



さぼってばかりでランキングやばいので
応援クリックをポチポチしてね〜。

にほんブログ村 ファッションブログ

人気ブログランキングへ







Twitterでもつぶやき中

https://twitter.com/puyoko29





スポンサーサイト

  • 2016.10.23 Sunday
  • -
  • 23:33
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/04/28 3:07 PM
武様

ご連絡ありがとうございます。
せっかくのお誘いただきましたのに恐縮ですが
辞退させていただきます。
  • PUYOKO
  • 2016/05/11 10:41 PM
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
このブログについて
リンクフリーよ。
でも、よろしかったら ご一報いただけると嬉しいわ。
コメント大歓迎。 ただし、明らかな宣伝PRや エロいもの、悪意のあるものは 見つけ次第削除するわ。
悪しからず。
お買い物はこちらから
QLOOKアクセス解析
よろしかったら他の記事もご覧になってね。
クリックで救える命がある!
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM