<< 気温20度の浮かれコーデ | main | コンプレックスが次々と >>

スポンサーサイト

  • 2016.10.23 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


奇跡の85歳

グッド


今日は88年ぶりに米大統領が
キューバを訪問した記念すべき日。

歓迎とお祝いムードのニュースとは
裏腹に、なんとも言えない寂しさと
危惧を感じるわ。


ハバナを包んでいるユルく明るい
ムードが、経済至上主義のギラギラ、
ギスギスしたものに入れ替わり
勝者と敗者の格差がくっきりと
影を落とすアメリカや日本みたいに
なっちゃうような気がするわ。


ま、こんなのは旅行者の身勝手であり
キューバ国民は便利で豊かな未来に
期待しているのかもしれないけどね。


憂いていても始まらないので
先週の金曜日に行ってきた
極上のキューバライブの話でも。


キューバ音楽ファンならずともおなじみの
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ
(以下BVSC)がついに解散なんですって。




と言っても、ヴィムヴェンダースの
同名映画で一世を風靡した1999年、
すでに老人だったオリジナルメンバーは
ほとんどが他界しており、今さら解散と
言われても特に感慨もないんだけど、
BVSCの紅一点、そして最後の生き残り、
オマーラ・ポルトゥオントが出演すると
なれば話は別よ。

キューバの至宝、稀代のディーバ、
ラテンの女神、生きる伝説の歌姫。

PUYOKOブログでも何回かご紹介したわよね。


そもそも、
BVSCが解散しようが存続しようが、
御年85歳のオマーラを拝めるのは
これが最後かもしれないと思ったら、
万障お繰り合わせの上、会社を早退し
アディオスツアーに馳せ参じてきたわ。


埋め立て地にタワーマンションが立ち並ぶ
SF映画のセットのようなペラッペラな街に
ポツンと浮かぶ豊洲PITは3000人の
キャパがある大型ライブハウス。


オールスタンディングのライブに備えて
スニーカーを履き、キューバで買った
ゲバラTシャツを着てスポーツドリンクを
ちびちび飲みながら開演を待ったわ。


客層はやはり年齢高め。
スーツ姿のリーマン、サルサ習ってます系の
露出度高めの熟女、外国人のグループ、
横山剣気取りのハットにサングラス、
葉巻までくわえちゃったなりきりオヤジなど、
なかなかのいかれぽんちが集う中、
ビールで盛り上がる若者の姿もちらほら。


いよいよ会場が暗くなり、ドラマチックな
ピアノソロで開演。


年季の入ったじい様と30代くらいの
若手ミュージシャンが入り混じった
現役のブエナビスタソシアルクラブ。

ステージ中央のスクリーンには、
今は亡きオリジナルメンバーの写真が
次々と映し出され、懐かしさとリスペクト、
そして容赦ない時の流れを感じずには
いられないわね。


ぶっちゃけ若いヴォーカリストの歌声は
頑張ってはいるけど「ケツが青いぜ」としか
言いようがなく、ダイナマイトバディの
女性ヴォーカルもキューバならどこの
クラブにもいそうなレベル。


演奏は素晴らしいんだけどね。
歌がね、なんか一味足りない感じなのよ。


「オマーラ早く出てこないかしら?」


そして、その時がやってきたわ!


金銀銅のピカピカのドレスに身を包んだ
オマーラは観音様のように後光が差し
その第一声で沸きに沸いていた会場が
静まり返ったわよ。


衰え知らずどころか、全盛期よりも
深みを増し、よりリッチに艶やかに
伸びるその歌声。


驚異だわ。


歌だけでなく、そのパフォーマンスも
パワフルでチャーミング。


最前列でオマーラに会えた感激のあまり
男泣きしていたというお客さんを
ステージに招き上げハグし、キスし
そしてダンス。


アリガトー!!と日本語で挨拶。


日本人客は
「ベーサメ〜、ベサメムーチョ〜」の
ところの歌詞しか知らないってことも
わかってらっしゃるのか、そこだけを
うまく促してくださり一緒に歌った
ベサメムーチョ。


誰もがオマーラとデュエットした気分を
味わえた瞬間だったわ。


スローバラードからアップテンポな曲まで
たっぷりと7曲ほど歌い終わり、
一旦ステージを去る間際、突然アカペラで
サクラ〜、サクラ〜、ヤヨイノソラハ〜と
「さくらさくら」を1コーラス
フルで歌ってくれたの。


訛りのない流暢な日本語でね。
やっぱり一流のミュージシャンって
耳がいいんでしょうね。


オマーラがしっかり温めてくれた会場は
彼女が去った後も、ノリノリに盛り上がり
これでもか!と繰り出されるヒット曲、
メジャー曲の数々は解散ツアーの集大成に
ふさわしいセットリスト。


そして、フィナーレに再びオマーラが
登場し、アンコールも含めて惜しみなく
その歌声を披露してくださったの。


小柄でふくよかなその身体の中には

少女のような無邪気さと
成熟した女の妖艶な色香と
母親のような大らかな慈愛と

彼女が歩んできた人生のその時々の
輝きが、こぼれることなくギュっと
詰まっているのね。


若い頃のある時期をピークとし
その後は何かを失っていくばかりが
加齢だと思っている方が多いようだけど

オマーラを見ていると、日々の経験、
学び、出会い、喜びも悲しみも何もかも
自分の中に際限なく詰め込むことが
できるんだと信じられるわ。


とにかく、ビバ!クーバ!

超一流のプロにしかなし得ない
素晴らしいライブだったわ。


オマーラがこれからも元気で長生き
できますように!



応援クリックをポチポチしていただけると
とっても嬉しいわん。

にほんブログ村 ファッションブログ

人気ブログランキングへ


オマーラのディスコグラフィはこちら



Twitterでもつぶやき中

https://twitter.com/puyoko29




にほんブログ村 トラコミュ 今日のコーディネイトへ今日のコーディネイト

にほんブログ村 トラコミュ 本日のコーディネートへ本日のコーディネート







スポンサーサイト

  • 2016.10.23 Sunday
  • -
  • 20:19
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
このブログについて
リンクフリーよ。
でも、よろしかったら ご一報いただけると嬉しいわ。
コメント大歓迎。 ただし、明らかな宣伝PRや エロいもの、悪意のあるものは 見つけ次第削除するわ。
悪しからず。
お買い物はこちらから
QLOOKアクセス解析
よろしかったら他の記事もご覧になってね。
クリックで救える命がある!
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM