<< スヌーピーが好き過ぎて | main | おパンツの面積 >>

スポンサーサイト

  • 2016.10.23 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


安井かずみがいた時代

ぴかぴか


希代のファッションリーダーであり、数々の
ヒット曲を生んだ売れっ子作詞家であり、
自由奔放に時代の最先端を闊歩していた女、

安井かずみ


PUYOKOが日本一オシャレなカップル
加藤和彦・安井かずみ夫妻と
数週間ヨーロッパを旅するというラッキーな
お仕事にありつき、間近でお2人と接することが
出来たのは今から四半世紀も前のこと。


パリで初めてお会いした安井さんには伝説の
「ぶっ翔んだファッショニスタ」
の片鱗はなかったわ。


ルイヴィトンのトランクを山と積み上げ、
全身アルマーニで身を包み、加藤氏に寄り添う姿は、
いかにも上流然としたコンサバマダム。

それはそれでとってもエレガントだったけど、
安井かずみ=カッティングエッジなスノビズム
というイメージからはほど多く、本音を言えば
少々拍子抜けしたのを覚えているわね。



そのとき感じた違和感の理由が
この本を読んでよーくわかったの。




本の上に乗っかってるのはドイツ製レデッカー社の
ブックダストブラシ。本のホコリを払うための
柔らかなブラシだわよ。




彼女の人生は 2幕で構成されていて、
1幕目は作詞家として大成功し、六本木で
加賀まりこやコシノジュンコとつるみ
夜な夜な遊びまくっていた
トッポくて
ヒップで
イカした
イケイケ女
だった時代。


2幕目は生涯の伴侶となる加藤氏との出会い。
今までの交友関係や仕事よりも、家庭を優先し
よき妻、よきパートナーとしてスタイリッシュな
「理想のオサレカップル」を商品化した時代。


PUYOKOが安井さんと出会ったのは
2幕目が閉じる数年前で、 1幕目の武勇伝に
関しては諸先輩方や書物で知る程度だったのね。


この本は有吉佐和子の小説「悪女について」のように
1人の女性にまつわる人々の証言によって
構成されているんだけど、それによって
浮かび上がってきたのは「安井かずみ」
という女性の人物像じゃなく、

その時代の風俗やトレンドや空気感。

選民と庶民との間にある歴然たる格差。

夢、野望、虚像、欲望、憧憬、嫉妬、、、、。

夫婦という他人同士の愛の強さと儚さ。



この本における安井かずみの役割は
それらを浮き彫りにするためのフィルターに
すぎないんじゃないかしら?


そして、
PUYOKO自身が本当は何が欲しくて
どう生きたかったのかを露骨に
突きつけられたような気がしたわ。


平凡で名も無きシアワセに満足し
感謝している毎日だけど、心の奥底に
閉じ込められた「選ばれて、何者かになりたかった自分」
そういう功名心、上昇志向、選民意識が
とっくに時代遅れでカッコ悪いことになってるのを
察知しそっと封印してあるわけよ。


だけど、まだまだ日本が元気だった80年代に
バブリーに生きた「平成貴族」としては
安井かずみ的人生へのほのかな憧れを
捨てきれてはいないのかもしれないわ。


身の丈人生で十分といろんなことを諦めるか?

もう一花咲かせようと奮起するか?


たぶんどちらでもなく、時に焦燥感に煽られ
時に平和な幸福感に温められながら、
このままシレーっと生きていくんだわ。


ドイツ REDECKERレデッカー社 ブックブラシ

ドイツ REDECKERレデッカー社 ブックブラシ
価格:4,536円(税込、送料別)



今日は激しい目眩に見舞われて駆け込んだ病院で
長時間の検査を受け、結局なんでもなかった
心身の曲がり角にいるPUYOKO、、、。
応援クリックをポチポチしてね。


ファッションブログ ミセス系
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 楽天マラソン買いまわりでポチ報告♪へ楽天マラソン買いまわりでポチ報告♪
にほんブログ村 トラコミュ 今日のコーディネイトへ今日のコーディネイト
にほんブログ村 トラコミュ 本日のコーディネートへ本日のコーディネート
シェルターのニャンコたちにも是非ご支援を!↓東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を TwitterボタンTwitterブログパーツここをクリックするとアマゾンページへジャンプ!

スポンサーサイト

  • 2016.10.23 Sunday
  • -
  • 23:20
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
はじめまして^^

puyokoさん、充分に才能ある特別な人です。
毎日、このブログを楽しみにしてるおばさんがわんさかいるんですから。
色んな事、代弁して下さって痛快です^^。

  • あーちゃん
  • 2014/04/10 6:18 AM
「山高ければ、谷深し」と言いますし,持続可能な今の暮らし、青い鳥は、ここにいると自覚しつつ、無い物ねだりとの葛藤ですかね?
それにしても、puyokoさんの表現力、文章力、凄い才能です。感謝します。
  • 茶々
  • 2014/04/10 10:15 AM
嗚呼プヨコサン
プヨコサン

嗚呼〜〜〜
  • ayu
  • 2014/04/12 7:19 PM
「選ばれて、何者かになりたかった自分」
PUYOKOさんもそんな風に思うのですね。
でも、身の丈に合わせるために何かを諦めるわけではないですよね?
やり残したことが何かをわかっているなら、できる限り挑戦してみたいですね。
PUYOKOさんほどのキャリアも何もない私では説得力無いですが、だからこそPUYOKOさんの行動に触発されて、私も頑張らないと、って思ったりしています。
  • みぃこ
  • 2014/04/13 6:08 PM
あーちゃん

そんな風に言ってくださって本当にありがとう。
才能なんて呼べるものは何ももっていないけれど
あーちゃんさんの優しいコメントはとても励みになるわ。
だけど、もしかしたらフツーのおばさんって思ってる
多くの方々にも特別な才能が眠ってるのかも
しれないわよね。
  • PUYOKO
  • 2014/04/13 10:27 PM
茶々さん

そう青い鳥はいつでもここにいるのよね。
だけど、隣の芝生も青いってことかもしれないわね。

人や世間と比べるつもりはないんだけど、自分の理想との
ギャップを埋めたいと思うことは時々あるわ。
それは上昇志向ってのとはまったく別モノなんだけどね。

  • PUYOKO
  • 2014/04/13 10:31 PM
ayuさん

ひょぇ〜、ayuさん、ひょえ〜(笑)
  • PUYOKO
  • 2014/04/13 10:32 PM
みぃこさん

変な言い方だけど、上に行きたいっていうのとは違って
次のステップに行きたいって言う感じなのよ。
やり残したことというより、これからやらなければ
ならないことっていうのかしらね?
自分の中でもまだ整理がついてないのよ〜。
  • PUYOKO
  • 2014/04/13 10:35 PM
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
このブログについて
リンクフリーよ。
でも、よろしかったら ご一報いただけると嬉しいわ。
コメント大歓迎。 ただし、明らかな宣伝PRや エロいもの、悪意のあるものは 見つけ次第削除するわ。
悪しからず。
お買い物はこちらから
QLOOKアクセス解析
よろしかったら他の記事もご覧になってね。
クリックで救える命がある!
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM